【2022最新】ウェブサイトを立上げる前に知っておきたい前提知識

自分でウェブサイトを立上げようと思ってネットサーフィンをしているけど
分からない単語が多く、なかなか行動が進まないということはないでしょうか?

今回はウェブサイトを立ち上げるにあたって、押さえておきたい前提知識を
網羅して、行動に進めることができるような記事を作成しましたのでぜひ参考にしてみてください!

目次

ウェブサイトを作る方法【主要な2種類を紹介】

1サイト作成ツールやブログ投稿のサービスを利用する

最も簡単な方法です!

設定の簡単さ
カスタマイズ性
安全性

「Wix]のようなサイト作成ツールや「はてなブログ」などのブログ投稿のサービスを
使ってサイトを立ち上げる方法があります。

難しい設定をしなくてもサービスを利用することができるので
一番簡単に、手っ取り早くサイトを作りたい際に便利な方法です。

ただ一方で利用するサービスに依存することになるので、例えば
記事などを作りこんでたくさん作ったとしてもそのサービスが終了してしまうと
作りこんだ記事なども消えてしまうため、注意が必要です。

また、簡単にサイトを作ることができる一方で、細かな設定ができないなど、
カスタマイズ性もそこまでありません。

Wix(ウィックス)

Wix(ウィックス)は、「無料でホームページを作ってみたい」「デザイン性の高いホームページを手軽に作りたい」という方におすすめのツールです。
今までホームページを作ったことのない方でも挑戦しやすく、世界中で利用されています。

はてなブログ

はてなブログはブログ会界において有名なサービスのひとつです。
無料から利用することができ、有料サービスを利用することで、カスタマイズ性を上げることができます。

サービス内を回遊しているユーザーも多くいるため、そこからのユーザー流入の可能性も上がります。

2WordPress(ワードプレス)で作成する

設定の簡単さ
カスタマイズ性
安全性

WordPressとは、無料で使えるCMS(コンテンツマネジメントシステム)のことです。
個人ブログから企業のコーポレートサイト、オウンドメディアまで、さまざまなWebサイトを構築できます。

基本的に無料で利用できるソフトウェアで自分好みのWebサイトやブログサイトを運営でき、
テキストと写真を挿入するだけで記事の投稿が行えます。
個人や法人、官公庁などで幅広く利用されているおり、WordPress向けのサービスも数多く展開されています。

WordPressでサイトを作る際に必要となるもの

ドメイン:インターネット上の住所のようなもの
サーバー:インターネット上の倉庫のようなもの
コンテンツ:サーバー(倉庫)の中にある文章や画像などのコンテンツ

ドメイン

ドメインは、簡単にいうと、“インターネット上の住所”のことです。
インターネット上にはさまざまな情報が集まっているので、特定の場所にアクセスするには住所が必要になります。

ブラウザでドメイン(インターネット上の住所)にアクセスすると、
その住所に置かれているコンテンツが表示できるようになります。

サーバー

サーバーは、倉庫のようなもので、サーバーの中に保管されているコンテンツをブラウザから要求があった際に、
提供する役割を持っています。

住所であるドメインと、コンテンツが保管されているサーバーをきちんと紐づけることで、
ドメインにアクセスしたユーザーに対してコンテンツを表示できるようになります。

ワードプレス

ワードプレスは、サーバー内に記事や画像などのコンテンツを投稿したり、公開したり
できる機能を搭載したソフトのことです。

世界中で利用されいる無料のソフトで、個人ブロガーや、大手企業、官公庁など、多くのサイト制作に利用されています。
サイトやページ作成を0から行おうとすると、HTML/CSSやその他プログラミング言語をいじれる必要があったりしますが、
ウェブ関連の技術がなくても、簡単にサイト管理や記事の投稿などを行うことができます。

まとめ

自分でサイトを作る方法には、既存のブログやサイト作成ツールを使う方法と、ワードプレスを用いて
自ら設定する方法がありました。

利用目的や今後の運用を考えて利用サービスを選ぶようにしましょう!
サイト運営ははじめは情報が多く大変なこともありますがぜひがんばってください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる